モンハンライズの発売日に合わせて、モンハン休暇なるものが導入された企業の話がTwitterでバズっていたことがありましたが、私自身も”Biomutant”、バイオミュータントの新発売に際して、少しやりこむために1日有給休暇をとりました。

最近仕事の責任も重くなってきて、日に日に増えていくプレッシャーから逃れるために、禅の修行にでもいって心を浄化するか、Silent Retreat(サイレントリトリート)で瞑想にふけるのもいいかと思いましたが、ゲームに没頭することで現実逃避をするのも悪くないと思いました。

よって、この貴重な有給取得日はゲーム以外のことは極力何もせず、心をぼーとさせることにしました。


 私はSteamでBiomutantを事前購入しました。

発売日は5月26日の2:00AMです。

プレステやXboxは前日の25日の23時だったかな?にダウンロード開始で少し遅れを取りながらも、夜中の2時からダウンロードスタートしてプレイすることに!!

ちなみに前日から起きっぱなしだとさすがに体力に自信がなかったので、夜9時に寝ることにしました。

でも、遠足の前日の小学生のように新発売のタイトルにドキドキしてあまり眠れず、1時には目が覚めてしまいました。

せっかくなので途中でおなかが減らないように、ここで栄養補給のために食事を行い、水分も補給し、トイレもしっかり済ませました。

さあ準備万端です!!


当日のスケジュール

当日どのようなスケジュールでプレイしたかを簡単にこちらにまとめたいと思います。

・2:20頃から約6時間プレイ

 最初はもううきうきでわくわくでダウンロードしてからは眠気が全くなく(さっきまで寝てたからか。)、気づいたら6時間弱が経過していました。

もう少しプレイできたのですが、休日なので子どもたちを保育園に送る仕事があり、一時中断。

意外にいい休憩になったかもしれないです。

・9:30頃から再開で4時間半プレイ

 まだ、疲れは知らず、Biomutantの世界にはまりながらたんたんとプレイしていきます。

ここにきて有給にもかかわらず、スマホにメールが来て急ぎの対応があったので1時間ほど仕事をする羽目になりました。

いいリフレッシュになったかもしれないが、なんか仕事してどっと疲れました。

・15:30からまた4時間半ほどプレイ

 けっこう疲れてきましたが、ど素人ながらもフォローしてくれた人がいたので、少しまた元気が出てきました。

長く配信しているといいこともあるんですね。

ちなみにこの日は2人フォローしてくれたので合計フォロワーが3人になりました!笑

・最後は10:30から2時間半ほど

 夕方は家族と過ごす時間もあり、夕食を食べ、お風呂にも入って歯を磨くなど次の日が仕事のために人間的な習慣を終えとく必要があったので少しそちらに時間を割いてしばらく空いてまたプレイします。

もう少しだけやっていたかったのですが、だんだん現実世界に引き戻されつつあり、いいところで終わりました。

そして合計プレイ時間は17時間突破!!


引き起った症状

・首が凝る

 これが一番危ないと思いました。

椅子に頭をつけてリラックスした状態ですることを意識していたのですが、ゲームに集中していると少しずつ前のめりになっていき、首がずーと垂直に固定されている状況でした。

ふと休憩の時に首を動かすと凝り固まっていて、「これはあまり長時間続けると危ないな」と感じました。

適宜首を動かして、固まらないようにしないとだめですね。

パソコンの作業の時はそんなに集中することもないのですが、やはりゲームだと1点を集中して長時間みるのでついつい忘れてしまいがちです。

本当に首は気を付けたほうが良いです。

・頭が少しボーっとする

 やはりずーっと集中していると頭がぼーっとしてきました。

車酔いやブランコに乗っているだけでも酔ってしまうくらい三半規管が弱いのですが、画面をぐるぐる回転させることもあり、少し酔ってしまったのかも。

または、単純に長時間プレイして脳が緊張して疲れてしまったようです。

頭がガンガン痛むということはなく、なんとなくぼーっと軽く浮いたような感じになるイメージかな。

でも、すぐに治りました。

・目や身体は意外に疲れず

 目はもっとしぱしぱしたりしょぼしょぼしたりするかと思いましたが、特に問題ありませんでした。

身体もエコノミー症候群になるかなと思っていましたが、しっかり椅子に腰かけて座っていたのでそれほど身体に疲れは感じませんでした。

日々の運動が功を奏したのかもしれません。


ゲームに没頭していた間は現実世界から逃避で来てすごく多幸感に満ち溢れていました。

自分の中で日常生活と仕事に影響しない範囲で1日だけチャレンジしてみましたが、思っていた時間以上にできるものですね。

ただ、継続となると話は別です。

いくら仕事をしてなくて家族がいない、お金の心配の必要もない一人暮らしの人間でも、毎日続けるのは無理ですね。

海外のTwitchストリーマーが一か月572時間のゲーム配信に成功したというニュースがありましたが、31日で割っても1日18.5時間くらいになります。

睡眠時間やその他の食事やトイレなども極限まで切り詰めないといけないとんでもない生活ですね。

とてもまねできないです。

ゲームはほどほどに個人が感じる楽しみながらできる範囲でなおかつ家族や仕事に影響がでない範囲で楽しみましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。