「睡眠」というのは人間が健康に生きていく上では不可欠の重要な時間です。

一日の24時間のうち四分の一から三分の一の時間を捧ぐ分けで、しかも残りの時間のパフォーマンスに多大な影響を与えます。

なので睡眠の質はなるべくあげたいものです。

自分は睡眠時無呼吸症候群チックな感じでよく妻に寝ているとき「ごふっ」と急に息が止まって怖いということを言われていました。

また、いびきもものすごくうるさかったらしく「口をガムテープで止めたろか」と思われていたようです。

そして朝起きたときには自分の口がぱかーっと空いていて口がからからに乾いている時が良くありました。

これはなんとかしないと一生口呼吸のいびき野郎だということでいろいろ調べていると寝ている間に口を閉じるテープにたどり着きました。

いろんな種類のものがありましたが、とりあえずAmazonの「いびき 防止」と検索して上のほうにでてきたものを購入しました。

正直効いているのか効いていないのか自分ではあまりわかりませんでしたが、たまに「少しマシになったかも」と言われることもあったので、それに期待して続けていました。

さらにこれは自分の昔からの習慣なのですが、テレビを見たりゲームをしているときに口をあけながら「口呼吸」していました。

それゆえ寝ている間の長い時間少なくともテープを貼って鼻呼吸の習慣をつけることで人生の呼吸法を改善しようという狙いもありました。

口呼吸はやはりデメリットが多いらしく、人類の今すぐ辞めたほうがいい習慣リストの中でタバコの次くらいに来るのが口呼吸のようです。



ちなみに何年も前から口呼吸のテープというのは販売されていましたが、検索するといろんなメーカのものがでてきます。

最初に買ったときはこれで口呼吸が直るとわくわくしながらぽちったものです。

当時は定期便で毎月届くようにしていました。

ただ、その時のテープはあまりまだいい製品ではなくて、1.値段が高い(20枚で400百円くらい)2.粘着力が強いので肌が荒れるという問題点をかかえていました。

このようなある意味病的なものを改善するのにはある程度皆お金を払うという魂胆の元、あのびらびらテープ一枚で20円もとられていました。

この際セロハンテープで口を止めてやろうかと思いましたが、このいびき防止テープでも肌が少し荒れていたので、セロハンテープの粘着で口を閉じようものならえらいことになる結果は見えていました。

朝起きたらゆっくりーと肌が荒れないようにはがすのが日課でひりひりする日には結局痛いので、つけずに寝ていました。




そんなこんなで役立っているか役立っていないのかわからないものに半年ほどお金を払いながら過ごしていましたが、ある日ネットで面白そうな製品を見つけました。

「ネクスケア 肌が弱い方のためのシリコーンテープ」です。

医療用のテーピングのための製品ですが、その肌に対する粘着力の優しさから口の上に貼っていびきを防止するためのテープとして最適なことに気づきました。

肌に優しいのに口はしっかりと閉じてくれるので、効果と優しさの両立を達成しています。

テープなので自分の好きな長さに調節して切れるます。

しかもコストパフォーマンスがとんでもなくやばいのよ!

600円前後くらいでAmazonで売っているのですが、長さが3.6Mほどあり自分は毎日2.5cmほど切って使用するので、大体144回ほど使用できます。

1日4円くらいなので使い勝手がいいのはもちろんのこと、安心の3Mブランドで粘着力もはがしやすいですがしっかり口が開くのを防いでくれます。

朝起きた時はしっかり口に貼り付いているのですが、剥がす時が全く痛くないです。

しかも粘着力が落ちないから衛生的な面を置いておくと、正直何回か使えます。

本来の目的とは少し異なる使い方でしょうが、いびき対策にこれは便利と思ったのでテープを使ってる方は代替案として考えてみてもいいかも!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。